英語を話すために英文を読む

英語を話すために頭に英単語を取り入れる必要があり、そのために英文を読むことが大切になってくる。そこでは何を読むかが重要で、楽しく取り組むことが英語を上達させる秘訣である。

英語を話すために英文を読む

日本人は英語の読み書きはできるけど、英語を話せない。
とよく言われますが、本当にそうかどうか、いつも疑問に思っています。

実際に、英語の話し方を正しい勉強法で行うとスラスラと話せるようになり、他の国の人たちよりも上達が早かったものです。 日本人はとても優秀だということがわかります。

受験用、テスト用の英語をやってきた多くの日本人が英語を読むというのは、何かパズルを解くようにして英文を解読する作業であって、英語を読むということではないように思えるのです。

あれはいってみれば、死んだ文章の解読のようなものではないでしょうか。

当然、そこで読んだ英語の単語や文章は、実際に使える実践的なものとしては頭の中に入っていません。

だから少し生の英語を読んで、そうした実践的な単語や表現を頭の中にどんどん入れていってほしいと思っています。

受験勉強やテストではありませんから、ここでは別に無理をして、単語を暗記したりする必要はありません。

よく使う単語はしょっちゅう出てきますから、読んでいるうちに自然に覚えていきます。

とにかく生きた英語にどんどん触れていくことが大切なのです。
そこでここでも、何を読むかということが問題になります。

コラムなどは分量的にもそんなに長くないので読みやすいし、タイムリーな話題を扱っていることも多いので、英語の教材としてはとても良いです。

日本では、生の英語、生きた英語というと、普通良く思い浮かべるのはアメリカの週刊誌といったものだと思いますが、これらの英語は記者にもよりますが、凝った表現や言い回しが相当使われることも多く、総体的に言ってかなり難しい場合が多いです。

なので日本に居ながらにして生きた英語を読むには、やはり手始めに英字新聞が一番適していると思います。

そしてそれに慣れて、だいぶ生きた英語が頭の中にたまってきたら、週刊誌なども読むようにしていけばいいのです。

ただ、英字新聞を読むにしろ、コラムを読むにしろ、週刊誌を読むにしろ、忘れてはいけないのが、

「自分の興味のある記事だけを読む」ということです。

全部を読もうなどとは絶対に考えないようにしてください。
全部読もうとすると、かなりの確率で途中で嫌になって挫折してしまうからです。

英語の新聞や雑誌を買ったり定期購読したりすると、全部読まなければいけない、全部読まなければ損をしてしまうといった強迫観念に駆られてしまい、

「読まないと、読まないと・・」
と思っているうちに、結局、何も読めないまま新聞や雑誌がたまって挫折してしまうといったパターンにおちいりがちなのです。

やはりここでも大切なことは、楽しむことなのですね。

私がバイリンガルになるまで英語上達できた方法とは?
3ヶ月で英語が上達する勉強法
リスニングパワーTOEIC
TOPに戻る

▽英語を話すために英文を読むのキーワード

▽次のページ、前のページ

英語勉強法 相乗効果 | 正しい英語勉強法は楽しく覚えていくこと

英語 英会話を短期で上達させる勉強法:新着アイテム

英語のリズムを楽しく身につける学習法
英語を話す際には、英語のリズムで話す必要があります。英語のリズムを身につけるのには英語で歌を歌う学習法が、楽しく英語を学べてオススメです。
英語の音読学習法で重要なこととは?
英語をただ音読するだけでは、なかなか英語上達できません。英語上達するには英語を正しい方法で音読する必要があります。英語を音読する際に大事なことをまとめました。
英語を話す時と聞く時に最も大事なこと
英語を話す時に、あることを行うだけで、今までよりも英語の会話がうまくいくようになります。英語を話す時と聞く時に、あなたがするべきことをお話します。
英語が上達する人に共通していること
英語が上達する人には共通点があります。あなたも英語が上達する人に共通していることを行うようにすれば英語が上達するようになるでしょう。
英語は逆から学べ
英語は逆から学べという英語学習本は33万部を超える大ヒットになりました。私も実際に「上級トレーニング編 英語は逆から学べ」を購入して聞いてみましたが、英語は逆から学べの音声ファイルはネイティブの自然な会話が収録されているので、聞き流し学習や、音読や、シャドーイングにいいと思いました。
英語が上達しない人に共通していること
英語が上達しないことに悩んでいませんか?もしかしたら、あなたも英語が上達しない人に共通するあることに、当てはまっているかもしれません。
カタカナ英語では海外で英語が通じない
日本ではカタカナ英語でも外国人に英語が通じるかもしれませんが、海外ではカタカナ英語では英語が通じません。何でカタカナ英語だと海外では英語が通じないのでしょうか?
アメリカで長期生活すれば英語が話せるようになるか?
海外で長いこと生活すれば自然と英語が話せるようになるのかということをアメリカに海外転勤になった家族のケースの例をもとにお話します。
英語学習本等の出版社アルク運営サイト「スペースアルク」
スペースアルクの最大の特徴は、膨大なデータベースを持つオンライン英和・和英辞書「英辞郎」です。アルクオンラインショップの人気の英語教材は、1000時間ヒアリングマラソンとENGLISH JOURNALです。
英語教材専門ショップ「英語伝」
英語伝は、楽天市場で人気の英語教材を販売しているオンラインショップです。英語伝の特徴は、豊富な品揃え、サポートのよさ、英語伝メルマガです。

今日のキーワード

当サイトのRSS

メニュー

新着アイテム

チカラインターナショナル
     ◇海外旅行に行った時 上手にコミュニケーションをとる方法とは
     ◇海外で長い間生活しても 英語が話せるようにはならないワケ
     ◇映画や海外ドラマで 楽しみながら日常英会話を身につける勉強法
     ◇多くの英語上達者が語る 効果的な英語勉強法 シャドーイング とは?
TOP l プライバシーポリシーについて l 特定商取引法の表記 l お問い合わせ

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved 英語 英会話を短期で上達させる勉強法

/>