今回のアメリカ旅行での「英語上達の気づき」

私が今回、アメリカに海外旅行に行って気がついた「英語上達の気づき」についてお話します。

今回のアメリカ旅行での「英語上達の気づき」

海外旅行に行って、ネイティブとうまくコミュニケーションが取れるようになるにはどうすればいいのでしょうか?

私が今回、アメリカのニューヨークに行って気がついたことを元に、海外旅行に行っても困らない英語力をつけるための秘訣についてお話します。

こんにちは。
英会話講師のチカラです。

今、私は今回、10日間にわたってアメリカのペンシルバニア州、ニュージャージー州、ニューヨーク州を旅行しました。

アメリカではたくさんの刺激をもらいました。

今回、アメリカに来てやはり英語を教える立場のものとしてもっと頻繁に海外に行く必要があるなと実感しました。

私は6年ほど前にアメリカにいたので、アメリカに来たのは、実に6年ぶりになります。

今回、アメリカに来てあなたの英語上達の役に立つ「気づき」があったので今日のブログでシェアしたいと思います。

1つ目は、しっかりとした英語発音を身に着けることが大事だということです。

以前、私がアメリカにいた時には、発音が悪く、私が話した英語がアメリカ人になかなか通じず、アメリカ人によく聞き返されていましたが、今回、6年ぶりにアメリカに戻ってきてアメリカ人と自信を持って会話ができているのはしっかりとした発音を身に着けたからだと思います。

完璧な文法で英語を話しても、発音が悪くて英語が通じなければ、英語が話せないのと同じです。

海外に行って、堂々と自信を持って英語を話したければ、あなたもしっかりとした発音を身に着けておいて下さい。

ネイティブに通じるしっかりとした発音は一生ものの宝になります。

2つ目の「気づき」は、「固有名詞」です。

日本人が留学して苦労することの一つに、地名や人の名前などが聞き取れない、うまく発音できないということがあります。

私も以前、アメリカやオーストラリアに留学した時に、人の名前をなかなかうまく聞き取れなくて、ネイティブスピーカーの男性や女性の名前でよくある名前が覚えられるようなものがあればいいなと思いました。

そこで、オーストラリア人のケイティー先生にお願いしてネイティブスピーカーの「よくある名前」を男性、女性別に20人くらいずつリストアップしてもらい、音声ファイルを作ってもらいました。

この特典は英語勉強法マニュアルについていますので活用していただくとこれから海外に行った時にきっと役に立つと思います。

また、英語の母音と子音のフォネティクス(発音記号)を身に着けておくと、初めて聞いた人の名前や地名も聞き取れるようになります。

フォネティクスをしっかりと勉強しておくと、リスニング力もアップしますし、英語が効率よく上達するようになります。

また人の名前や地名などの固有名詞を聞いてどうやって発音していいかわからない時は、
ネイティブに、

How do you spell 〜?
〜は、どういうスペルですか?

と聞きましょう。

また、ネイティブが言ったことをリピートできないなら

How do you spell that?
(今言ったことは)どういうスペルですか?

と聞けば、ネイティブが言ったことのスペルを教えてくれます。

3つ目の「気づき」は、英語は、ネイティブの出身地や人種によって、色々なアクセントがありますが、しっかりとしたリスニング力を身に着けておくと、どんな英語を聞いても対応できるということです。

私は今回、ニューヨークに来て、色々な英語を聞きました。

ニューヨークは様々な人種や、色々な場所から人が集う場所です。

そして、ニューヨーカーの話す英語は早いです。

でも、しっかりとしたリスニング力を身に着けておけば、ニューヨーカーの早い英語も聞き取れるようになります。

リスニング力を身に着ける基本は、自分のレベルに合った教材を使ってリスニング学習をすることです。

自分のレベルに合っていない教材を使って学習しているといつまでたっても英語が聞き取れるようになりません。

そして、ある程度、英語が聞き取れるようになったら、つまり英語の中級レベルになったら、英語を聞き流す学習法を行い英語をたくさん聞いて下さい。

そうすれば、どんな英語を聞いても聞き取れる英語耳ができるようになります。

では、日本に帰国してブログに写真をアップしたらまた連絡しますね。

あなたも英語が上達すれば、ツアーなしで海外旅行を楽しめるようになりますので、いつか英語が話せるようになる、英語が聞き取れるようになると自分を信じて英語学習を頑張って下さい。

私がバイリンガルになるまで英語上達できた方法とは?
3ヶ月で英語が上達する勉強法
リスニングパワーTOEIC
TOPに戻る

▽今回のアメリカ旅行での「英語上達の気づき」のキーワード

▽次のページ、前のページ

海外旅行でうまく英語でコミュニケーションを取るには? | 英語のペンパルを見つけて英語上達する方法

英語 英会話を短期で上達させる勉強法:新着アイテム

英語のリズムを楽しく身につける学習法
英語を話す際には、英語のリズムで話す必要があります。英語のリズムを身につけるのには英語で歌を歌う学習法が、楽しく英語を学べてオススメです。
英語の音読学習法で重要なこととは?
英語をただ音読するだけでは、なかなか英語上達できません。英語上達するには英語を正しい方法で音読する必要があります。英語を音読する際に大事なことをまとめました。
英語を話す時と聞く時に最も大事なこと
英語を話す時に、あることを行うだけで、今までよりも英語の会話がうまくいくようになります。英語を話す時と聞く時に、あなたがするべきことをお話します。
英語が上達する人に共通していること
英語が上達する人には共通点があります。あなたも英語が上達する人に共通していることを行うようにすれば英語が上達するようになるでしょう。
英語は逆から学べ
英語は逆から学べという英語学習本は33万部を超える大ヒットになりました。私も実際に「上級トレーニング編 英語は逆から学べ」を購入して聞いてみましたが、英語は逆から学べの音声ファイルはネイティブの自然な会話が収録されているので、聞き流し学習や、音読や、シャドーイングにいいと思いました。
英語が上達しない人に共通していること
英語が上達しないことに悩んでいませんか?もしかしたら、あなたも英語が上達しない人に共通するあることに、当てはまっているかもしれません。
カタカナ英語では海外で英語が通じない
日本ではカタカナ英語でも外国人に英語が通じるかもしれませんが、海外ではカタカナ英語では英語が通じません。何でカタカナ英語だと海外では英語が通じないのでしょうか?
アメリカで長期生活すれば英語が話せるようになるか?
海外で長いこと生活すれば自然と英語が話せるようになるのかということをアメリカに海外転勤になった家族のケースの例をもとにお話します。
英語学習本等の出版社アルク運営サイト「スペースアルク」
スペースアルクの最大の特徴は、膨大なデータベースを持つオンライン英和・和英辞書「英辞郎」です。アルクオンラインショップの人気の英語教材は、1000時間ヒアリングマラソンとENGLISH JOURNALです。
英語教材専門ショップ「英語伝」
英語伝は、楽天市場で人気の英語教材を販売しているオンラインショップです。英語伝の特徴は、豊富な品揃え、サポートのよさ、英語伝メルマガです。

今日のキーワード

当サイトのRSS

メニュー

新着アイテム

チカラインターナショナル
     ◇海外旅行に行った時 上手にコミュニケーションをとる方法とは
     ◇海外で長い間生活しても 英語が話せるようにはならないワケ
     ◇映画や海外ドラマで 楽しみながら日常英会話を身につける勉強法
     ◇多くの英語上達者が語る 効果的な英語勉強法 シャドーイング とは?
TOP l プライバシーポリシーについて l 特定商取引法の表記 l お問い合わせ

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved 英語 英会話を短期で上達させる勉強法

/>